新型コロナ 初売り、客足今ひとつ 「例年の7割」 店舗は密回避徹底 札幌 /北海道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
福袋を品定めする買い物客ら=札幌市中央区の大丸札幌店で2021年1月2日、岸川弘明撮影
福袋を品定めする買い物客ら=札幌市中央区の大丸札幌店で2021年1月2日、岸川弘明撮影

 多くの商業施設で新年の初売りがあった2日、札幌市の大手百貨店は福袋やセール品を求める買い物客でにぎわった。ただ、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で例年に比べ客足は今ひとつ。店側は感染予防に追われた。

 JR札幌駅に直結する大丸札幌店(中央区)は午前9時前に開店。早朝から並ぶ客もいたが、市内で外出自粛要…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文385文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集