特集

第100回高校ラグビー 仙台育英(宮城)

第100回全国高校ラグビー大会に出場する仙台育英(宮城)を紹介するページです。

特集一覧

全国高校ラグビー

仙台育英、8強逃す 強豪前に前半一矢 仙台育英監督・主将、桐蔭学園監督の話  /宮城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

元日花園うれしい 仙台育英・丹野博太監督

 試合前に選手たちに「王者と対戦するが、できるだけ楽しめ」と伝えた。だが、すべての面で相手は自分たちを上回っていた。フィジカルも人間形成もしっかりしていた。負けてしまったが、選手たちもよく頑張ってくれた。桐蔭学園の藤原秀之監督は大学の後輩だが、コテンパンにやられてしまった。自分は100回の今大会を区切りに監督を引退する。26回の花園出場してきたが、(今年も)1月1日に花園にいられることはうれしかった。ただ、これからも仙台育英のラグビーは続いていく。(今度の花園では)1月3日(ベスト8)まで進んでほしい。

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文724文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集