ナマハゲ、距離とって 大声は出さない/家に上がらない /秋田

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

男鹿の町内会、半数が中止に

 男鹿市の各地で12月31日夜、伝統のナマハゲ行事があった。今回は新型コロナウイルスの影響で半数以上の地区が中止になり、それ以外も大声を出さず家に上がらないなど、対策を講じたうえでの実施となった。

 同市船川港の南平沢地区では31日午後5時半ごろ、雪が降る中で6匹のナマハゲが雄たけびを上げながら地元の神社を出発した。

 ただ町内会の取り決めで、大声はここまで。さらに、玄関の中には入らない▽子供には触れない▽事前にナマハゲが入ってもいいかを尋ねる「先立ち」が消毒液を携帯――などの対策をしたうえで、3組に分かれて約90世帯を回った。

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文691文字)

あわせて読みたい

注目の特集