メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューイヤー駅伝 県内3選手、古里力走 /群馬

富士通4区の中村匠吾(中央)からトップでたすきを受けて走り出す5区の塩尻和也(右)=群馬県太田市で2021年1月1日、宮武祐希撮影

 新春の上州路を駆け抜ける「ニューイヤー駅伝inぐんま 第65回全日本実業団対抗駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社など共催)が1日、県庁発着の7区間100キロのコースで開かれた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、沿道での応援自粛が呼びかけられた中、県内出身の選手たちも古里を駆け抜けた。【川地隆史】

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文509文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 よく「試験地獄」などといわれるが…

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  4. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  5. 社説 NHKの経営計画 視聴者本位の改革なのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです