特集

第100回高校ラグビー 常翔学園(大阪第3)

第100回全国高校ラグビー大会に出場する常翔学園(大阪第3)を紹介するページです。

特集一覧

全国高校ラグビー

3回戦 東海大大阪仰星と大阪朝鮮、準々決勝へ 常翔学園敗れる 監督・選手の話 /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

工夫がまだ必要 東海大大阪仰星・湯浅大智監督

 (長崎北陽台は)鋭い出足でなかなか前進できなかった。ブレークダウンはしつこくできたが、ゲームの中で工夫がまだまだ必要。(チームは)今季、ワンゲームの良しあしでなく、地道に積み重ねてきたものが出せている。

練習成果出せた 東海大大阪仰星・WTB御池蓮二選手

 (大会初先発で先制トライを挙げ)1対1で勝負する練習をずっとしてきたので、成果を見せられてよかった。チームには同じポジションにたくさんのライバルがいるが、試合に出るために磨いてきた持ち味の鋭いステップを出せた。次の試合もチームメートとコミュニケーションをしっかりとり、1戦ずつ勝っていきたい。

この記事は有料記事です。

残り555文字(全文851文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集