特集

第100回高校ラグビー 御所実(奈良)

第100回全国高校ラグビー大会に出場する御所実(奈良)を紹介するページです。

特集一覧

全国高校ラグビー

御所実、逆転勝利で8強 きょう桐蔭学園と4強争う /奈良

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【御所実-東海大相模】前半、御所実の武藤が突進=東大阪市花園ラグビー場で2021年1月1日、藤井達也撮影
【御所実-東海大相模】前半、御所実の武藤が突進=東大阪市花園ラグビー場で2021年1月1日、藤井達也撮影

 第100回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、全国高体連、日本ラグビー協会など主催)は1日、東大阪市花園ラグビー場で3回戦があった。県代表の御所実は東海大相模(関東・神奈川)を21―12で降し、8強入り。前半にリードを許すも、後半はモール攻撃などの集団プレーで底力を発揮し、逆転勝利を収めた。組み合わせ抽選の結果、準々決勝の相手は前年度の決勝で敗れた宿敵、桐蔭学園(神奈川)となった。試合は3日午前11時25分から、第1グラウンドで行われる。【林みづき】

 御所実が前半の劣勢をはね返し、逆転勝ちした。12点を追う後半8分、ゴール前でのラックから右へつなぎ、ロック平井のトライで反撃開始。13分にもゴール前のラックから平井が右サイドを突いて同点トライを挙げ、ゴールも成功して逆転した。試合終了間際にはモールからゲームリーダーHB登根が右へつなぎ、すきを突いたFB日野がトライ、勝負を決めた。

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文764文字)

あわせて読みたい

注目の特集