特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第79期名人戦A級順位戦 広瀬章人八段-稲葉陽八段 第25局の2

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

広瀬、ペースを握る

 対局開始からまだ1時間も経過していないが、互いの駒台に飛が乗っている。図から広瀬は[先]3六歩~[先]3七桂と進めたが「このあたりで[先]2八歩でしたか。でも打ってしまうと[先]2三歩とたたけなくなってしまうので……」と局後に感想を述べた。本譜は攻め味を残して突っ張り気味に指した順である。

 本譜の[先]3七桂に対して[後]2八飛と打ち込む手はあった。[先]4五桂は[後]4二角と引かれる手が嫌だったと広瀬は述べ、[先]2七歩[後]2六歩[先]4五桂(参考図)の互いに命がけの順が感想戦で検討された。参考図から(1)[後]4二角なら[先]3九金で飛車を詰ます手がある。感想戦では(2)[後]2七歩成[先]3三桂不成[後]同銀や、(3)[後]8八角成[先]同銀[後]2七歩成[先]3九金[後]…

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文650文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集