メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

中村匠吾さん=ニューイヤー駅伝を12年ぶりに制した富士通のエース

中村匠吾(なかむら・しょうご)さん(28)

 苦しかった1年間の思いを糧に臨んだ元日の全日本実業団対抗駅伝。エース区間の4区で富士通をトップに押し上げて自身初の駅伝日本一をつかみ「駅伝の勝利は特別。悔しさを晴らせた」と満面の笑みを浮かべた。

 伏兵のような存在だった2019年9月の東京オリンピックマラソン代表選考会を制して注目を集めたが、その後は思うようにいかなかった。選考会の約1カ月半後の全日本実業団対抗駅伝の東日本予選は疲れを考慮されて欠場。するとチームはまさかの予選落ちとなった。1年前の元日は「悔しさを次の年にぶつけるため」と自宅で駅伝のテレビ中継をじっと見つめた。

 昨年3月には新型コロナウイルスの影響で東京五輪が1年延期。他のレースも中止が相次ぎ「精神的にきつかった。外を走っていいのかどうかも葛藤があった」と振り返る。救われたのは千葉県にある陸上部寮の周辺住民から何度も掛けられた「延期したけれど五輪頑張ってね」とのエールだ。「恩返しのため勇気や感動を伝える走りがしたい」と気持ちが切り替わった。

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. 河村・名古屋市長「申し訳ない」 コロナ感染、自宅療養中の高齢者死亡で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです