メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューイヤー駅伝 富士通、12年ぶり団結V

1位でフィニッシュする富士通のアンカー・浦野=宮武祐希撮影

 旭化成の連覇に待ったをかけたのは、前回大会で1990年の創部以来初の予選敗退を喫したチームだった。群馬県で1日に行われた「ニューイヤー駅伝inぐんま 第65回全日本実業団対抗駅伝」で、富士通が12年ぶり3回目の優勝を果たした。

 優勝候補の一角、トヨタ自動車は1分3秒差で2年連続の2位。連覇が4で止まった旭化成は1分40秒差の3位。過去の最高順位が9位だった日立物流は4位と躍進し、初入賞を果たした。18位のコニカミノルタは、99年以来の2桁順位。初出場の埼玉医科大グループは20位だった。

 (スタート時の気象条件=晴れ、気温2・6度、湿度52%、北の風2メートル)

この記事は有料記事です。

残り4405文字(全文4689文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 新型コロナ 特措法改正案 まん延防止措置、修正 自民、発動厳格化検討

  3. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 余録 米国でスペインかぜが…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです