メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニジェールで住民70人殺害される イスラム過激派の犯行か

 ニジェール

[PR]

 西アフリカのニジェールで、イスラム過激派とみられる武装集団が2カ所の村を同時に襲撃し、住民ら少なくとも計70人が殺害された。ロイター通信が2日、治安当局の話として報じた。

 襲撃は西方に接するマリとの国境付近で発生した。周辺では近年、国際テロ組織アルカイダや過激派組織「イスラム国」(IS)に忠誠を誓う勢力が台頭。マリやブルキナファソでもテロ被害が急増している。

 大統領選の手続きが続くニジェールでは、昨年12月の投票で当選者が決まらず、来月後半を目途に再投票となることが決まった。いずれの候補者が当選しても治安回復が新政権の最優先課題となる。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. 河村・名古屋市長「申し訳ない」 コロナ感染、自宅療養中の高齢者死亡で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです