メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鬼滅の刃「無限列車」も走行 京都鉄道博物館で恒例の新春SL頭出し展示

人気漫画・アニメ「鬼滅の刃」に登場する「無限列車」に似た旅客用SL「8620形」。「無限」のプレートが付けられ、京都鉄道博物館の敷地から隣接する梅小路公園までの往復約1キロを走行している=京都市下京区で2021年1月3日午前11時半、山崎一輝撮影

[PR]

 京都鉄道博物館(京都市下京区)で、国重要文化財の「扇形車庫」から蒸気機関車(SL)の先頭部分だけを出して披露する、恒例の「新春SL頭出し展示」が行われている。明治、大正、昭和の三つの時代に活躍した18両(4日以降は13両)が弧を描いて並び、マスクをした家族連れらが記念撮影をして楽しんでいる。11日まで。

 東映太秦映画村、嵐電との合同イベントも開かれており、敷地内では人気漫画・アニメ「鬼滅(きめつ)の刃(やいば)」に登場する「無限列車」に似たSL「8620形」が走っている。アニメの舞台となっている大正時代に製造が始まった旅客用車両で、先頭に「無限」と書かれたプレートが付けられ、隣接する梅小路公園までの往復約1キロを乗車できる。

 入館は午前10時~午後5時。一般1200円、高校・大学生1000円、小中学生500円、3歳以上は200円。入り口での券の販売は中止しており、コンビニなどで前売り券を購入する。問い合わせは同館(0570・080・462)。【山崎一輝】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです