Uターンラッシュ、東京駅で混雑見られず 新幹線は乗車9割の列車も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 年末年始を古里や行楽地で過ごした人たちのUターンが3日、ピークを迎えた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、JR東京駅の新幹線ホームでは例年ほどの混雑は見られなかった。一方、乗車率が9割になった新幹線もあり、「想像していたほどはすいていなかった」と話す乗客もいた。

 東京駅の新幹線ホームではこの日、到着した列車からお土産を手にした家族連れが次々に降りていった。だが、いつものUターンラッシュのように、…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文504文字)

あわせて読みたい

注目の特集