「スマホ脳」強い依存性に警鐘 ベストセラー著者の精神科医に聞く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
スマホはドラッグのように依存性が高いという(写真はイメージ)=ゲッティ
スマホはドラッグのように依存性が高いという(写真はイメージ)=ゲッティ

 「スマホをポケットに入れているだけで学習効果が著しく下がる」「1日2時間を超えるスマホ使用は、うつのリスクを高める」――。脳科学に関する世界中の研究結果をもとに、スマホなどデジタルメディアの悪影響を告発する「スマホ脳」(アンデシュ・ハンセン著、久山葉子訳、新潮新書)が話題だ。本書によると、スマホは依存性が高く、脳内のシステムを支配してしまうこともあるという。著者でスウェーデンの精神科医であるハンセン氏に聞いた。【牧野宏美/統合デジタル取材センター】

「スマホが存在するだけで集中力が低下」

 ――本書は膨大な数の研究結果を引用し、デジタル化する社会に警鐘を鳴らしています。日本を含む13カ国で翻訳され、世界的ベストセラーになっていますが、なぜ執筆しようと思ったのですか。

 ◆精神科医として病院に勤務していますが、近年、不眠を訴える若い患者が非常に増えたことがきっかけです。話を聞いてみると、スマホをベッドの中にまで持ち込んでいる人が多いことに気付きました。スマホを寝室に置かず、目覚まし時計で起きるようにとアドバイスすると多くのケースは改善しました。

 現代人は平均して1日2600回以上もスマホを触り、コロナ禍においては外界とのライフラインになっています。このようなスマホに頼る行動様式への変化は、人類史上最も大きな変化でしょう。便利になったはずなのに不調になる人がいるという矛盾を、科学によって解き明かしたいと考えたのです。そこでネイチャーなど有名な科学雑誌に掲載された、米国を中心とした世界中の論文を何百本も読みました。驚いたのは、人間がいかに集中力を乱すものに対して弱いかということです。特に大学生を対象にした記憶力と集中力の調査で、スマホを教室の外に置いた学生の方が、サイレントモードにしてポケットにしまった学生よりも記憶力などが高かったという結果には衝撃を受けました。つまりスマホの存在が少しでも感じられる状況にあれば、認知能力の容量が減るということです。

「スマホは最新のドラッグ」 脳の報酬システムを支配

 ――なぜそんなことが起こるのでしょうか。

 ◆スマホは「最新のドラッグ」と言っていいほど依存性が高いものです。これは脳内の報酬システムと関係しています。脳は元々、生き延びるために周囲の新しい情報を取り入れることによって、報酬としてドーパミンという快楽を感じる物質が放出されるようになっています。現代はスマホやパソコンが新しい情報を運んでくるため、クリックする度にドーパミンが放出されるのです。さらにドーパミンは、新しい情報を得られるかもしれない、という不確かな状況の方がより多く放出されます。チャットやメールの着信音が鳴ると「大事な連絡かもしれない」とスマホを手に取りたくなるのはそのためです。

 中でもフェイスブックなどのSNSは「大事な情報更新があるかもしれない」と報酬システムを強くあおり、投稿に対して「いいね」などの反応が来ることで承認欲求も満たしてくれるため依存性が高まります。

 こんなエピソードがあります。フェイスブックの「いいね」機能を開発した人物は、その依存性の高さに気付き、自らスマホ使用を制限するためのアプリをインストールしました。iPadを開発したアップル社の創業者、スティーブ・ジョブズ氏は「自身の子供のそばにはiPadを置くことすらしない」と話し、マイクロソフト社の共同創業者、ビル・ゲイツ氏は子供が14歳になるまでスマホを持たせませんでした。

 ――「人間の脳はデジタル社会に適応していない」ということですね。

 ◆人間の進化の構造と結びつけて考えると分かりやすいです。現代においても、人間の脳は基本的に石器時代のままなのです。例えば私たちはカロリーのある食べ物を欲しますが、これは石器時代にはカロリーのあるものは入手しにくい貴重なもので、見つけたものはすべて食べなければ生きていけませんでした。今ではカロリーは安価に手に入りますが、カロリーへの欲求は残っているために摂取しすぎてしまい、肥満や生活習慣病が増えました。同じように、周囲の危険を察知するために気が散りやすい性質も現代人に引き継がれています。ですから脳はデジタルメディアのように気を散らすものに対して脆弱(ぜいじゃく)で、仕事や勉強の際に必要な集中力をそがれてしまうのです。

デジタル教科書は集中力を奪う? 運動は有効な対抗策

 ――新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、日本でもオンライン授業が増え、タブレットを使う「デジタル教科書」を導入する動きが加速しています。本では「タブレット端末での学習効果は紙の教科書よりも著しく劣る」という研究結果も紹介しています。

 ◆はっきりした理由は分かっていませんが、一つは長期記憶は空間記憶と深い関係があり、紙の本であれば記載内容を「前の方に載ってい…

この記事は有料記事です。

残り1590文字(全文3584文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集