メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

箱根駅伝 青学大主将・神林 直前のケガ、給水役の伴走で「ラストラン」

第52回全日本大学駅伝の7区を1位で終え、吉田圭太(右)にたすきを渡す青学大の神林勇太=三重県松阪市で2020年11月1日(代表撮影)

[PR]

 第97回東京箱根間往復大学駅伝で往路12位と苦戦した青山学院大は復路で健闘。大会直前の故障で欠場となった主将の神林勇太(4年)は、9区で飯田貴之(3年)の給水役を務めた。

 9区の15キロ手前、東海大と4位争いを展開する飯田に給水を手渡した神林は大声で激励した。わずかな距離の伴走が、神林にとって競技人生の「ラストラン」となった。

 神林は「箱根が終わってしまうと、それ以上頑張れない。懸ける思いは誰よりも、どんなものよりも大きい。未練はありません」。大会前、すがすがしく語っていた。常勝軍団の主将が陸上を始めたきっかけは「父が箱根好きだったんですよ。それがきっかけで、自分も箱根を走りたいと思って」。

 神奈川県出身で、中学時代から才能の片りんを見せていた。関東の強豪からも誘いがある中で、あえて自身を追い込むために無縁の九州の雄・九州学院(熊本)へ進学。1年時から「スーパールーキー」と騒がれ、3年連続で都大路を走った。入学当時、箱根を3連覇し大学駅伝3冠も達成するなど、無類の強さを誇った青学大を選んだのは必然だった。

 3年生だった前回大会で初めて箱根路を走り、復路最長の9区(23・1キロ)で区間賞。チームの2年ぶり5回目の優勝に貢献し、新チームで主将を任された。コロナ禍で活動やチーム運営にも影響があった中で「引っ張る姿を見せることに注力してきた」。原晋監督も「神林を中心によくまとまってくれた」とリーダーシップを高く評価する。

 卒業後は、箱根駅伝のスポンサーで大手飲料メーカーの「サッポロビール」に就職予定だ。「やっぱり身近で、思い入れのある企業ということで。父もビールはサッポロでしたし」と話す。

 予定では主要区間の3区(21・4キロ)を走るはずだったが、昨年12月28日に仙骨の疲労骨折が判明して集大成の駅伝に出場できなくなり、内心は落ち込んだ。それでも「チームのサポートに徹して雰囲気を少しでも盛り上げていこう」と主将の役割を果たすため、チームメートを励ます声を掛けてきた。前日の往路12位から復路優勝、総合4位と持ち直した仲間たちに「最後まで諦めずに戦った結果。これが青山の強さだと体現できた」と感謝した。【倉沢仁志】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです