特集

第100回全国高校ラグビー

第100回全国高校ラグビー大会の特集ページです。

特集一覧

流通経大柏NO8ディアンズ 「龍鳳」の書に込めた成長への思い 全国高校ラグビー

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【大阪朝鮮-流通経大柏】試合終了直前、モールの起点となってゴールに迫る流通経大柏のディアンズ=東大阪市花園ラグビー場で2021年1月3日、藤井達也撮影
【大阪朝鮮-流通経大柏】試合終了直前、モールの起点となってゴールに迫る流通経大柏のディアンズ=東大阪市花園ラグビー場で2021年1月3日、藤井達也撮影

 第100回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は3日、東大阪市花園ラグビー場で準々決勝があり、26大会連続28回目出場の流通経大柏(千葉)は、10―14で2大会ぶり11回目出場の大阪朝鮮(大阪第2)に敗れた。

流通経大柏 NO8ディアンズ・ワーナー(3年)

 長い手を生かして密集でボールに絡み、ゴール前のサイド攻撃やセットプレーでは中核を担う。4点を追う後半ロスタイム、相手陣深くで攻め続ける中、大きな体を張り続けた。だがモールからボールを出せず、試合終了のホイッスルが響く。「最後まで全力で戦った。やりきった」。一丸となり目指した逆転のゴールラインまで…

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文765文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集