特集

第100回全国高校ラグビー

第100回全国高校ラグビー大会の特集ページです。

特集一覧

東海大大阪仰星、引き分けで涙 抽選で次戦進出決めるケースは? 全国高校ラグビー

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【東福岡-東海大大阪仰星】後半、ロスタイムにゴール前でせめぎ合う両校の選手たち=東大阪市花園ラグビー場で2021年1月3日、猪飼健史撮影
【東福岡-東海大大阪仰星】後半、ロスタイムにゴール前でせめぎ合う両校の選手たち=東大阪市花園ラグビー場で2021年1月3日、猪飼健史撮影

 第100回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は3日、東大阪市花園ラグビー場で準々決勝があり、2大会連続20回目出場の東海大大阪仰星(大阪第1)と21大会連続31回目出場の東福岡(福岡第1)は21―21で引き分けた。試合後の抽選の末、東福岡が5日の準決勝に進んだ。

 大会規定によると、試合時間内に勝敗が決まらない場合は、次の優先順位で次戦への出場チームを決める。相手の反則がなければトライできたと審判が判断した「ペナルティートライ(PT)」はトライ数に数えるが、ゴール数には数えないとした上で、①トライ数の多いチーム②トライ数が同数の場合はPTの多いチーム③PTも同数の場合はトライ後のゴール数が多いチーム④いずれの条件でも決まらない場合は抽選――となっている。

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文627文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集