メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

王者・青学大、意地の箱根復路V 原監督「負けには負けの美学がある」

4位でフィニッシュする青学大のアンカー・中倉啓敦=東京都千代田区で2021年1月3日、大西岳彦撮影

[PR]

 第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)は3日、神奈川・箱根町―東京・大手町の復路5区間109・6キロで行われ、往路12位の青学大が5時間25分33秒で復路優勝を果たし、総合4位となった。

 失意のシード圏外から一転、青学大が前回王者としての意地を見せた。往路に続いて復路も区間賞獲得者こそいなかったものの、全員が区間4位以内の好走。総合優勝の駒大を復路では2秒差で上回った。大会前、「絆大作戦」を掲げていた原晋監督は「半分、成功ですかね」と笑顔を見せた。

 目標は明確だった。前夜、原監督は各出場選手に「青学のプライドを持って復路優勝をしよう」と呼びかけた。7区(21・3キロ)で近藤幸太郎(2年)が「ここからが青山だと思って走った」と三つ順位を上げ、10区でも一時、総合3位の東洋大の前に出るなど積極的なレースを展開。往路では大会直前に故障離脱した主将の神林勇太(4年)の不在が響いたが、神林は「(復路の)みんなが奮起してくれた」と話す。

 総合5連覇を逃した2年前も、往路6位から復路優勝しており、「負けには負けの美学がある。来年につながる」と原監督。ただ、精神的なもろさやコロナ禍の大会減による調整不足など、課題も明確になった。「(データを基に)青学に来れば力が伸びる、記録が上がるという『青山メソッド』を作ったが、『中の中』や『上の下』の選手では駄目。強くて速い選手を作るメソッドに取り組んでいく」と、次回大会での逆襲を誓った。【倉沢仁志】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです