メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「タイムではなく人が走る」箱根で躍進の創価大、力出し切った2位

平塚中継所で創価大7区の原富慶季(右)からたすきを受け取る8区の永井大育=神奈川県平塚市で2021年1月3日(代表撮影)

[PR]

 第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)は3日、神奈川・箱根町―東京・大手町の復路5区間109・6キロで行われた。初の往路優勝を果たし、10区途中までトップを守った創価大は52秒差で競り負けたが、過去最高の2位と躍進した。

 初の往路優勝を成し遂げた創価大は総合優勝にも王手をかけながら、あと一歩届かなかった。「優勝できるチーム作りは2年では早いということ。来年の課題を与えられたと思って、もう一回立て直したい」。就任2季目の榎木和貴監督はレース後、淡々と語った。

 終盤まで「創価劇場」だった。6区から8区まで、2位の駒大に1分以上の差をキープして独走。2年連続で9区を任された石津佳晃(4年)は「思い切って走らないと良い順位でたすきを渡せない」と積極的な走りを見せた。大学で陸上は引退という石津は、区間記録まで13秒という快走で駒大との差を3分以上に広げ、ほぼ優勝を決めたかに見えた。ところが、10区の小野寺勇樹(3年)が中盤から苦しそうな表情でペースダウン。必死に粘ったが21キロ手前で逆転を許し、2位でフィニッシュするとそのまま倒れ込んだ。

第97回東京箱根間往復大学駅伝競走の鶴見中継所で創価大10区の小野寺勇樹(左)にたすきを渡し、笑顔を見せる9区の石津佳晃=横浜市鶴見区で2021年1月3日(代表撮影)

 「優勝のプレッシャーもあったと思う。勝つ経験が足りていなかった」。榎木監督がそう話すように、箱根駅伝は2015年に初出場し、前回の9位が最高だった。だが強豪校相手に臆することなく、心から箱根路を楽しむように走る選手たちは、榎木監督の言葉を信じていた。

 「タイムが走るのではない。人が走るんだ」。駅伝で区間賞を取るような有力選手に対して走る前から気持ちで負けるのではなく、自分の力を100%出し切ることでチャンスは生まれる。6区の浜野将基(2年)が「目標は区間賞ではなく、自分のペースでしっかり走ること」と話したように、それぞれの選手が役割を果たした。

 「私が学生の時に経験した舞台を、選手も同じ目線で見ることができたことは成長。本当に頼もしい」。中大の選手時代に箱根駅伝で4年連続区間賞を獲得し、優勝経験もある榎木監督は、大会前の目標「総合3位」を上回る選手たちの奮闘をたたえた。【円谷美晶】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです