メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画のミカタ

豊かさ支えるミニシアター=勝田友巳

「全国コミュニティシネマ会議2020」の発表者。映画館の存在意義も問われた=勝田友巳撮影

 「全国コミュニティシネマ会議2020」が、昨年12月に東京で開かれた。当初は9月の京都を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大で延期、縮小開催となった。テーマはやはり「コロナ禍とミニシアター(上映者)」。全国のミニシアター運営者や上映者が集まり、海外からのリモート参加も加わった。

 会議からは、コロナ禍の影響がありあり。緊急事態宣言で映画館が閉館した4、5月は、営業成績はほぼゼロ。再開した6月以降徐々に客足が戻り、秋には前年比7割程度まで回復したものの、12月に入って感染者が急増して出足が鈍化。特に高齢層の出控えが心配――というのが概況のようだ。応援グッズの販売やドライブイン上映など、さまざまに知恵を絞っている様子もうかがえた。

 もっとも日本はまだましな方かも。ニューヨークでは「多くの映画館が3月上旬から9カ月以上閉館したまま。春までに再開するかどうか」、フランスは「映画館は再開したものの、戻ったのは常連の鑑賞者で全体は低迷。閉館した老舗映画館も」、韓国では「観客数は前年比65%減。映画館は危険という雰囲気が広がっている」と苦境を訴える。

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文1050文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです