メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

中村俊介 ドラマ「京阪沿線物語」出演 初の関西弁役、こってりほっこり

ドラマ「京阪沿線物語~古民家民泊きずな屋へようこそ~」に出演する俳優の中村俊介さん=大阪市中央区で2020年11月26日、菱田諭士撮影

 テレビ大阪で9日から放送が始まる深夜ドラマ「京阪沿線物語~古民家民泊きずな屋へようこそ~」で、主人公を支える民泊経営者で元料理人の久我創介を演じる。「創介はつらい出来事をきっかけに時間が止まってしまった人。でもやさぐれてるわけではない。人との出会いでどう変わるか」。役を楽しんでいる。

 主人公は新人小説家の潤(小西桜子)。2作目が書けず東京から大阪へ逃げ出すが、ひょんなことから民泊「きずな屋」で世話になることに。創介や宿を一緒に営むスーパー小学生のこころ(新津ちせ)、番頭の美山(水玉れっぷう隊・ケン)ら個性豊かな人々と過ごすうちに成長していく姿を描く。

 脚本は漫才コンビ「NON STYLE」の石田明で、軽快な関西弁のやりとりも見どころの一つだ。ただ、自身は関東出身。長い俳優経験の中でも関西弁の役は初めてといい、悪戦苦闘している。「これまでも方言に挑戦したことはあるが、関西弁は下手なのが一番ばれるので大変です」と苦笑する。

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文997文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 重症者最多934人

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  4. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  5. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです