連載

バズった?!あにまるず

北海道内の動物園や水族館などはSNSでの動画発信に力を入れています。そこで、人気を集めた動画や飼育の裏話などを紹介する。

連載一覧

バズった?!あにまるず

/2 紋別・アザラシシーパラダイスの「あぐ」「日和」 芸達者な2大巨頭 /北海道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
飼育員さんとハイタッチ。ベテラン「あぐ君」は芸達者で人気者=北海道紋別市で2020年12月15日、本多竹志撮影
飼育員さんとハイタッチ。ベテラン「あぐ君」は芸達者で人気者=北海道紋別市で2020年12月15日、本多竹志撮影

 紋別市のオホーツク海に接する海洋公園には、全国で唯一のアザラシ専門の保護施設「オホーツクとっかりセンター」がある。隣接する観光施設「アザラシシーパラダイス」は2015年にオープンし、自然に近い形でゴマフアザラシ2頭が飼育され、餌やり体験や輪投げなどで触れ合える。観光客に人気の秘密は何といっても「あぐ」(雄32歳)と「日和(ひより)」(雌6歳)の芸達者ぶりだ。

 特に「あぐ」は30を超える技を持ち、十八番は腹筋芸。20年8月20日の公式ツイッターで飼育員に体重83キロの巨体が抱きつく動画が話題になり、3万4000「いいね」を稼いだ。19年には腹太鼓で340万回も再生された。

この記事は有料記事です。

残り516文字(全文805文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集