メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

孤独感じない居場所を 病気や障害持つ子どものきょうだい支援 NPOが横浜でシンポ 9日 /神奈川

 病気や障害のある子どもの兄弟・姉妹(きょうだい児)の支援について考えるシンポジウム「きょうだい児支援の広がりと繋がり」が9日、横浜市神奈川区のかながわ県民センターで開かれる。NPO法人「スマイルオブキッズ」が主催し、支援団体のつながりや関係機関との連携などをテーマに、講演やパネルディスカッションがある。

 病気や障害がある子どものきょうだいは、親や周囲が病児の治療やケアに意識が向く中で、複雑な思いや孤独感を抱えることがある。同法人によると、そんなきょうだい児に居場所の提供や精神的なサポートなどを行う団体が増えているが、「それぞれが孤軍奮闘の状況」という。今回のシンポでは、連携の大切さを考える。

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  2. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  5. 四国トピックス 「眼鏡曇らないマスク」 徳島の2店がコラボし開発 通気性抜群「接客業にぜひ」 /徳島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです