相続税申告漏れ、1年間で567億円 昨年6月まで /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大阪国税局は、2020年6月までの1年間の相続税の調査状況を発表した。実地調査件数は1798件(前年比20・8%減)で、申告漏れ総額は567億円(同14・0%減)だった。追徴税額は125億円(同6・5%減)。新型コロナ禍でいずれも減少した。

 国税局によると、2019年の近畿2府4県の被相続人(死亡…

この記事は有料記事です。

残り148文字(全文298文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集