メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あつまれ!四国人の味

香川 年明けうどん 紅白鮮やか縁起物 全国大会も恒例に /四国

赤いあん餅と梅、えび天が入った年明けうどん=香川県土庄町で、喜田奈那撮影

 お正月にもうどんを食べてもらおうと、真っ白いうどんに赤い食材を添え、紅白の彩りでめでたさを表現した「年明けうどん」。香川県内では多くの店舗で提供されており、全国各地の年明けうどんを集めたイベントが開かれるなど活動も広がっている。本場さぬきうどん協同組合理事長の大峯茂樹さん(72)は「幸福を願いながら、正月から縁起の良いうどんを食べてもらいたい」と語る。

 年明けうどん発案のきっかけは、2008年に世界の麺料理を集めて県内で開かれたイベント「世界麺フェスタ」。さぬきうどんも出店し、大峯さんが大会後の反省会で、大みそかに全国で食べる風習がある「年越しそば」のように、年が明けたら食べるうどんをPRしようと提案。その後、同組合などの団体でつくる「さぬきうどん振興協議会」が「年明けうどん」として提唱した。

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文873文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです