メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

独裁政権の仮想通貨そっぽ ベネズエラ「ペトロ」、国民に不信感強く

「ビットコイン」などで支払いができる一方、仮想通貨ペトロを受け付けないショッピングセンター=カラカスで2020年12月8日

 南米ベネズエラのマドゥロ政権が2018年に発行を始めた仮想通貨(暗号資産)「ペトロ」の取引が低迷している。マドゥロ政権は「国家が管理する世界初の仮想通貨」とアピールして資金調達を狙ったが、経済危機を招いた政権への不信感は根強く、金融界や一般国民からはほとんど利用されていない状況だ。

 「ペトロを受け付けていません」。20年12月上旬、歳末の買い物客でにぎわう首都カラカスのショッピングセンター。ペトロで支払える店があるか尋ねると男性スタッフがこう答えた。一方、米ドルや代表的な仮想通貨の「ビットコイン」、ドル建てのデジタル決済などは利用可能という。「ペトロを使える店舗ですか? 聞いたことないですね」。スタッフはそう話した。

 ベネズエラでは13年に発足した反米左派のマドゥロ政権下でインフレが加速。通貨ボリバルは紙くず同然となり、デフォルト(債務不履行)状態に陥っている。独裁色の強いマドゥロ政権の正統性を認めていない米国が17年に金融制裁を科すと、政権は資金を募るため18年2月からペトロを発行。マドゥロ大統領は「経済・社会的発展のため、新しい形の国際金融に向かうだろう」と危機脱却への意気込みを語った。世界最大の埋蔵量を…

この記事は有料記事です。

残り491文字(全文1004文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. 河村・名古屋市長「申し訳ない」 コロナ感染、自宅療養中の高齢者死亡で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです