特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第79期名人戦A級順位戦 広瀬章人八段-稲葉陽八段 第25局の3

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

少し慌てたかも

 先手陣内の非常に狭いスペースに大駒3枚が密になってせめぎ合っている。「こんなご時世なのに……」という思いが頭をよぎる。

 後手は駒損が避けられない状態だが、図から[後]1八角成という非常手段に見える手が最も局面の均衡に近づく一手。角と香の交換に甘んじ敵玉をにらむ竜と生飛車の差を際立たせて勝負である。

 広瀬は[先]8六角と打って後手玉の急所をにらみそれから馬を取った。「8六に角を打ったときには決めにいくつもりだったのですが夕食休憩を挟む長考で気が変わってしまいました。本譜の順はチグハグだったかもしれません」と広瀬は言う。

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文731文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集