特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

米の新議会開会 下院のペロシ議長再選「困難な責任引き受ける」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
米連邦議会の下院議長に選出され、宣誓するナンシー・ペロシ氏=米ワシントンで2021年1月3日、AP
米連邦議会の下院議長に選出され、宣誓するナンシー・ペロシ氏=米ワシントンで2021年1月3日、AP

 米連邦議会の第117議会(会期2年)が3日開会し、昨年11月の選挙で民主党が過半数を維持した下院は同党のナンシー・ペロシ氏(80)を再び議長に選出した。上院は議席が確定しておらず、多数派の行方は5日に実施される南部ジョージア州選挙区の二つの決選投票に左右される。

 新議会の女性議員は少なくとも142人で過去最多を更新した。人種少数派(マイノリティー)議員も最多。ペロシ氏は2007~11年に女性として米国史上初の下院議長を務めた。民主党が下院過半数を奪還した19年には2度目の就任を果たしている。本会議での選出後に議場で行った演説では、新型コロナウイルスと経済悪化の二つの危機に触れ「我々は、過去の世代の指導者たちが直面したどの挑戦よりも困難な責任を引き受けることになる」と述べた。

 定数100の上院は11月の選挙を経て共和党が50議席、民主系が48議席をそれぞれ確保している。両党が50議席を持つ場合は、上院議長を兼務する副大統領が決裁票を投じる決まりだ。カマラ・ハリス氏が副大統領に就く民主党は、あと2議席伸ばせば上院の多数派を確保する。

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文901文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集