特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

愛知県は緊急事態宣言求めず 「入院状況は逼迫」 飲食店への時短要請は延長へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大村秀章知事=名古屋市の愛知県庁で2020年9月、野村阿悠子撮影
大村秀章知事=名古屋市の愛知県庁で2020年9月、野村阿悠子撮影

 政府が首都圏1都3県の要請で新型コロナウイルスの緊急事態宣言を再発令する検討に入ったことについて、愛知県の大村秀章知事は4日、現時点では同県を対象とする発令は求めない考えを示した。県独自の宣言も出す段階ではないとした。一方、県全域で酒類を提供する飲食店などに求めている営業時間短縮や休業要請は、11日までの期限を延長する方向で検討していると明らかにした。

 県が4日発表した県内の新規感染者は152人。3日現在の重症者数は38人で過去最多の42人より少ないが、入院者数は645人と過去最多を更新した。年末年始期間中に名古屋市内の高齢者施設など6カ所でクラスター(感染者集団)の発生を確認。大村知事は「名古屋市を中心に入院状況は相当逼迫(ひっぱく)している」と危機感を示した。

この記事は有料記事です。

残り204文字(全文541文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集