メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外新型コロナ、国内の死者5000人に

「はやぶさ2」プロジェクトメンバーが宇宙を志した二つのきっかけ

探査機はやぶさ2の着陸時のデータを管制室で見守る宇宙航空研究開発機構(JAXA)の大野剛研究開発員(右)、菊地翔太プロジェクト研究員(中央)=2019年2月22日(JAXA提供)

 小惑星の岩石のかけらを持ち帰る偉業を達成した小惑星探査機「はやぶさ2」のプロジェクトに関わる研究者や技術者は、何に影響を受けて宇宙に興味を持ったのか。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の職員や大学の研究者、メーカー担当者ら関係者46人にアンケートを取った結果を見ると、日本の宇宙探査を次世代につなげるヒントも見えてくる。【池田知広/科学環境部】

 調査は昨年6月、近畿大学の道上達広教授(惑星科学)がオンラインで実施。他の人の回答を参考にしつつ、自由回答も組み合わせて、何に影響を受けたか複数選んでもらった。

 その結果、最も多くの人が選んだのは「宇宙戦艦ヤマト」で、19人が選択。40~50代で圧倒的な支持を集めた。調査に回答はしていないが、JAXA宇宙科学研究所の国中均所長(60)も、公の場でしばしば作中のセリフを引用している。

 2位はアニメ「銀河鉄道999」と「機動戦士ガンダム」、木星や土星などの鮮明な写真を撮影した「ボイジャー計画」で、それぞれ14人が選んだ。続いて13…

この記事は有料記事です。

残り1624文字(全文2063文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです