ラグビー・トップリーグ 各チーム主将、開幕前にオンラインで意気込み

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
各チームの主将がオンラインで出席したトップリーグ開幕に向けたイベント
各チームの主将がオンラインで出席したトップリーグ開幕に向けたイベント

 ラグビー・トップリーグ(TL)の開幕(16日)を前に、全16チームの主将が4日、一般公開されたオンラインのイベントで意気込みを語った。収容人員の50%を上限に有観客開催とする方針だが、政府が首都圏1都3県への緊急事態宣言を検討しており、太田治チェアマンは「政府の方針、判断に従って粛々と対応していく」と述べた。

 2018年に優勝した神戸製鋼で共同主将を務める15年ワールドカップ(W杯)日本代表のSH日和佐篤は「開幕で良いスタートを切れるように、チーム一丸となりたい」と語った。ニュージーランド代表で世界屈指の司令塔であるSOボーデン・バレットがサントリーに加入するなど、TLには世界トップの選手が多く出場する。太田チェアマンは「感染対策を万全に臨む。国内最高峰であり、世界のトップ選手が見せるハイレベルなラグ…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文671文字)

あわせて読みたい

注目の特集