特集

プレスリリース

@Press、Digital PR Platform、共同通信PRワイヤー、PR TIMESが提供するプレスリリースを掲載します。

特集一覧

プレスリリース

2020年「コロナ」と「ダイエット」にまつわる5つのトピック(@Press)

情報提供@Press

プレスリリースページの情報について

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷



ダイエット専門院・渋谷DSクリニック(運営会社:医療法人社団 甲和会、東京都、理事長:林博之)は、12月29日に【ダイエット通信 vol.14】を公開しました。
今回は2020年の「新型コロナウイルス」と「ダイエット」の関連性について主立ったトピックを5つご紹介します。


新型コロナウイルスの影響を大きく受けた「ダイエット」


画像 : https://newscast.jp/attachments/2PK0XYqAJit3ZQtQ9mUI.jpg


新型コロナウイルスの感染拡大により、生活の変容や新しい価値観が生じた2020年。ダイエットにおいても様々な影響がありました。そこで今回は、今年を「コロナとダイエット」という観点で5つのトピックで振り返ってみます。


「コロナとダイエット」の関連で振り返る2020年5つのトピック


1. 外出自粛、運動不足による「コロナ太り」


画像 : https://newscast.jp/attachments/rSgeOhQWlka2NIwqe5ZJ.jpg


ダイエットにおいて今年よく耳にした言葉は「コロナ太り」でしょう。緊急事態宣言・外出控え、リモートワークなどにより活動量が減少し、太ってしまったという声が多く聞かれ、またダイエット専門院である渋谷DSクリニックにおいても「コロナ太り」を訴える患者様が多くいらっしゃいました。


2. 「肥満」の人は、新型コロナウイルス感染による重症化のリスクが高い


画像 : https://newscast.jp/attachments/yZT1xLjcHNkipiNdJLhX.jpg


肥満状態の脂肪細胞からは炎症性のアディポサイトカインが大量に生産されており、免疫細胞が暴走する「サイトカインストーム」が発生します。これにより、肥満の人が新型コロナウイルスに感染した場合、標準体型の人よりも重症化しやすいと言われています。
世界肥満学会(WOF)も、新型コロナウイルスで重症化した患者に肥満が多いことに触れています。BMI25以上の人はコロナ感染のリスクが高いこと、さらに呼吸不全となった場合の気管挿管は高度肥満の患者において困難なケースがあることなどを示唆しています。(内臓脂肪が横隔膜を押し上げ、肺活量を低下させることも)


3. ダイエットによる「免疫力低下」に警鐘


画像 : https://newscast.jp/attachments/4uIKKQRmecu5rwnkmBU6.jpg


新型コロナウイルス感染拡大においては、ウイルス感染に対する抵抗力を高めるために「免疫力の向上」がキーワードになりました。
ダイエットにおいては適度なカロリー制限・栄養バランスの取れた食事・運動が基本ですが、断食や欠食、極度のカロリー制限や糖質制限、栄養の偏りなどは免疫力の低下を招きかねません。
この局面だからこそ、体温や代謝を落とすことなく健康的にダイエットを進めることが特に肝要となっています。


4. 「コロナストレス」で「コロナ太り」に?


画像 : https://newscast.jp/attachments/hQFS18NxkepEOCyuNfmV.jpg


予定していた旅行や飲み会の予定がキャンセルとなったりと自由に活動できなかったり、新しい生活に慣れない、家族が家に居る時間が増えてイライラが増えた、リモートワークが上手くできない…など、様々なストレスにもさらされた2020年。
ストレスを感じると体内では「コルチゾール」というストレスホルモンが分泌されます。このホルモンは脂肪を溜め込む作用があり、これらの「コロナストレス」により「コロナ太り」に拍車がかかるという状態に。コルチゾールは睡眠不足によっても分泌されやすく、リモートワークによる生活リズムの乱れなどもこれに加担します。


5. 緊急事態宣言下「ダイエット・健康」の消費が急増


画像 : https://newscast.jp/attachments/x5NfP5ahGM36SSxDLGKj.jpg


新型コロナウイルス感染予防の緊急事態宣言さなかの5月19日付けYahoo!ニュースでは、Yahoo!ショッピングにおける同タイミングの消費について、最も多かった消費カテゴリーが「ダイエット・健康」で、通常時の約4倍にも伸びたそうです。「巣ごもり消費」という言葉もよく耳にしましたが、コロナ禍におけるダイエットを含めた健康意識の高まりが伺えました。


2021年も引き続き健康面に配慮したダイエットを


この年末にかけても感染者が急増を続けている新型コロナウイルス。肥満による重症化のリスクも踏まえ、免疫力を落とさないよう無理なく健康的なダイエットに取り組みましょう。
健康面に心配のある方は、医師の指導のもと肥満改善のプランニングを行うことをおすすめします。


健康的に効率よく痩せるための「医療痩身ドック」


画像 : https://newscast.jp/attachments/hOuXOyWS6FclNOUMUClV.jpg


自分に合った痩せ方を知りたいなら、まずは体を知ることから。渋谷DSクリニックでは、超音波と3D測定を使用した詳細な肥満診断「痩身ドック」を3,000円(税抜)にてご用意しております。この診断により、ご自身の肥満度に加えて「脂肪の落とし方」を把握することが可能です。さらに、免疫力を落とすことなく健康的に痩せるためのアドバイスも。増えてしまった体重は早めに元に戻すことが肝要。効率重視の医療ダイエットクリニックで、まずはメディカルチェックを。


ダイエット専門院・渋谷DSクリニック


渋谷DSクリニックは、医療痩身専門院です。ドクターをはじめ、管理栄養士・漢方薬剤師といった各分野の専門家たちが多角的な視点でダイエットをサポート。効率的なダイエットとは「一人ひとりのライフスタイルに合った、健康的で継続可能なダイエットである」と考え、医学的根拠に基づいたオーダーメイドの治療を提案。体重減量だけでなく、効率的な部分痩せにおいても独自のメソッドがあります。単なる目新しさに惑わされることのない“正しい痩身”の啓蒙に努めていくことは、医療痩身専門クリニックである我々の使命であると考えています。


渋谷の肥満外来(医療ダイエット外来)で肥満治療するなら渋谷DSクリニック | : https://dsclinic.jp/?utm_source=pr&utm_release




記事監修:渋谷DSクリニック 渋谷院 院長 医学博士・林博之




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press





あわせて読みたい

注目の特集