メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

養老先生のさかさま人間学 生きるっておもしろい(イラスト・佐藤学)

 私は丑(うし)年生まれですが、家内も娘も、わが家の女性陣はなぜか、みんな亥(い)年です。亡くなった母もそうでした。牛がイノシシに囲まれた家です。確か、以前そう書きました。

 83歳で丑年を迎えましたが、思い出すのは医学部の助手時代に訪れたオーストラリアです。30歳の時、現地の心臓財団に研究員として派遣されたのです。

 ある時、広い牧場を見ていたら、地面に白い物体が見えました。紙くずが散らばっているのかと思いましたが、よく見ると、白いオウムでした。

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文843文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 炎の中から兄の叫び 阪神大震災 4児の母「つらいけど、忘れたくない」

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです