メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香山リカのココロの万華鏡

「自分と誰か」大切に /東京

 アフガニスタンで医療とかんがいの仕事に取り組んでいたペシャワール会の中村哲医師が、凶弾に倒れてから1年がすぎた。昨年末、中村医師とともに20年近くにわたり現地で働き、いまも会の活動を支える看護師の藤田千代子さんの話を聴く機会があった。

 藤田さんは20代の頃、中村医師が講演で「現地のイスラム教徒の女性は診察でも肌を見せるのをためらうため、病気の早期発見ができない」と話したのを聴いて、迷うことなく「参加したい」と手をあげたと語った。

 藤田さんは中村医師の飾らない人柄について、いろいろなエピソードを交えて語った。中村医師は自分で散髪し、しばしば切りすぎてしまう。アフガニスタンでは「先輩を敬う」という文化があり、その髪形を見ても現地スタッフは笑うに笑えず、苦しそうな表情をする。そんなときには藤田さんが「先生、ご自分で切ったのですか」と水を向け、中村医師が「うん。おかしいかな?」と答え、やっとみんなで声に出して笑ったという。また、…

この記事は有料記事です。

残り567文字(全文984文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 新型コロナ 特措法改正案 まん延防止措置、修正 自民、発動厳格化検討

  3. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 余録 米国でスペインかぜが…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです