家庭養護促進協、CFで支援募る 福あめ販売中止 /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 実の親と暮らせない子どもの里親探しを続ける家庭養護促進協会大阪事務所(大阪市天王寺区)は、活動資金集めのために毎年取り組んできた十日戎(えびす)の福あめ販売が、新型コロナウイルスの影響で中止に追い込まれたことから、クラウドファンディング(CF)による資金支援を呼び掛けている。支援者には福あめなどをお礼に送る。

 協会は今宮戎神社(浪速区)の十日戎に毎年出店し、お多福さまの顔を描いたあめを売ってチラシを配り、100万円ほどの収益を得てきた。

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文437文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集