メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

沢村さくらさん=浪曲三味線の魅力を広げる曲師

沢村(さわむら)さくらさん(46)

 「ジャズでいうセッション。浪曲師と曲師の息がぴったり合う気持ち良さが魅力です」

 浪曲(浪花節)は曲師が奏でる三味線に乗せ、浪曲師がセリフや節を物語る。落語、講談と並んで日本を代表する話芸だが戦後は衰え、プロの曲師も現在は全国で20人ほど。「若手」として普及や後進の育成に取り組む。

 大学時代は落語研究会。東京の寄席で見た浪曲が忘れられず、25歳で関東節の沢村豊子に入門した。看護師として働きながら師匠の住む茨城まで通った。楽譜はなく全て口伝。浪曲師はその場で節や啖呵(たんか)の調子を変えるため、曲師も即興で合わせる。「『覚えた通りに弾いては駄目』という師匠の言葉に奥深さを感じた」。2005年に大阪へ移住。京山小圓嬢(こえんじょう)らに学んで関西節も習得した。

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文722文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. 河村・名古屋市長「申し訳ない」 コロナ感染、自宅療養中の高齢者死亡で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです