JR西日本、運転士養成に最新型シミュレーター 訓練用シナリオは220種類

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
シミュレーターの操作卓。運転台に映し出される「線路」や「ホーム」の画像なども確認できる=大阪府吹田市で12月22日午後0時10分ごろ、高橋昌紀撮影
シミュレーターの操作卓。運転台に映し出される「線路」や「ホーム」の画像なども確認できる=大阪府吹田市で12月22日午後0時10分ごろ、高橋昌紀撮影

 JR西日本が運転士の養成のため、大阪府吹田市の社員研修センターに最新型のシミュレーター装置を導入した。実車(225系)を活用し、本番さながらの乗務を再現する。新型コロナウイルス対応に追われ「かつてない危機」(長谷川一明社長)にある鉄道界だが、明日の安全・安心を背負う鉄道員の養成は淡々と続けられている。運転技術の難しさを知ろうと、シミュレーターを体験した。【高橋昌紀】

この記事は有料記事です。

残り1011文字(全文1196文字)

あわせて読みたい

注目の特集