パンダの竹でアート作品 食べない幹など年間100トン、活用を模索 和歌山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
展示されている竹を使ったアート作品=和歌山県白浜町の三段壁で2020年12月19日午後6時16分、竹内之浩撮影
展示されている竹を使ったアート作品=和歌山県白浜町の三段壁で2020年12月19日午後6時16分、竹内之浩撮影

 ジャイアントパンダの主食である竹の有効利用を考え、循環型社会の構築を目指すイベント「南紀白浜パンダバンブーエキスポ」が和歌山県白浜町で催されている。

 同町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」などでつくる実行委が初めて開いた。施設では、パンダが食べない竹の幹などが年間約100トンに上っているという。以前は…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文389文字)

あわせて読みたい

ニュース特集