特集

第100回全国高校ラグビー

第100回全国高校ラグビー大会の特集ページです。

特集一覧

王者を慌てさせた大阪朝鮮のトライ 極めた伝統の「型」 全国高校ラグビー

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【桐蔭学園-大阪朝鮮】前半、ゴール前のモールから大阪朝鮮の李錦寿が持ち出しトライ=東大阪市花園ラグビー場で2021年1月5日、藤井達也撮影
【桐蔭学園-大阪朝鮮】前半、ゴール前のモールから大阪朝鮮の李錦寿が持ち出しトライ=東大阪市花園ラグビー場で2021年1月5日、藤井達也撮影

 第100回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は5日、東大阪市花園ラグビー場で準決勝があり、2大会ぶり11回目出場の大阪朝鮮(大阪第2)は、6大会連続19回目出場で連覇を狙う桐蔭学園(神奈川)に12-40で敗れた。

 結束力の高さを感じさせる、大阪朝鮮らしい攻撃だった。5点を追う前半15分、伝統のアタックを起点に、前回王者から今大会初めてとなるリードを奪った。

 相手陣ゴール前5メートルで得た左ラインアウト。モールを形成し、中央に向かって押し込んだ。ただ選手たちは塊の中で、平均体重で9キロ近く上回る桐蔭学園FWの圧力を感じていた。

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文751文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集