メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

伊集院静さん 赤穂の経済力に注目 「忠臣蔵」描いた長編『いとまの雪』刊行

作家の伊集院静さん=玉城達郎撮影

 作家の伊集院静さんが、「忠臣蔵」で知られる赤穂浪士の討ち入りを描いた上下巻の長編小説『いとまの雪』(KADOKAWA)を刊行した。「古希を迎えるので新しいことをやろう、と。そこでいままでは読者だった時代小説を書こうと思った」。自身初の時代小説で、武家社会を生きた気骨にあふれる男たちの姿をたっぷりと描いた。

この記事は有料記事です。

残り1373文字(全文1527文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  2. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  3. 「その気になればできる」 国産長射程ミサイルに込められた「隠れた狙い」とは

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです