連載

定型の窓から

俳人・片山由美子さんによるエッセーです。

連載一覧

定型の窓から

わき出る作品こそ=片山由美子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
 
 

亡き妻の好きな横浜夏帽子

真つ青な海を見下ろすレストラン 窓辺の椅子に君と座つた 島田章平

 先日、私とほぼ同世代の俳人が、「最近もてはやされている若い人たちの俳句がよく分からない」と言った。自身が無季俳句も作り、実験的な試みに理解を示してきた人だっただけにいささか驚いたが、安心もした。理解を超える俳句が増えているというのは、私の実感だったからである。

 分かる俳句、分からない俳句を巡る議論は昔からあった。伝統的な手法で俳句を作っている人にとっては、日本語として意味が通じることが前提である。俳句独特の語法や省略があるにせよ、意味が分からないものはあり得ないと思っている。読みなれない人に分かりにくいとしたら季語の取り合わせをどう読み取るかくらいのことである。

この記事は有料記事です。

残り937文字(全文1266文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集