メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フォーカス

大倉忠義 ドラマ「知ってるワイフ」剣崎元春役 不仲の原因、過去で考え

ドラマ「知ってるワイフ」のポスタービジュアル。(左上から時計回りに)瀧本美織、大倉忠義、広瀬アリス、松下洸平、片平なぎさ、生瀬勝久、川栄李奈=フジテレビ提供

ドラマ「知ってるワイフ」剣崎元春役(フジテレビ系=木曜午後10時、7日スタート)

 演じる主人公の剣崎元春は結婚5年目。3歳と0歳の2人の子どもがいるが、妻の澪(みお)(広瀬アリス)とは険悪な状態が続いている。そんな元春が突然、学生時代にタイムスリップ。“女神”と呼ばれる男子学生の憧れの的で、自身もかつて好意を寄せていた後輩、江川沙也佳(瀧本美織)を新たな妻とし、結婚生活をやり直す“ファンタジーラブストーリー”だ。

 「自分は悪くないと思っている人が過去に戻り、今の奥さんでなかったら(結婚生活が)うまくいっていたのか、(不仲の)原因はどこなんだろうと答えを見つけていく。作品を見て、自分はどうなんだろうと考えさせられるドラマです」

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文951文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 新型コロナ 特措法改正案 まん延防止措置、修正 自民、発動厳格化検討

  3. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 余録 米国でスペインかぜが…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです