メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海BIZ

津市 下津醤油 本当に喜ばれる品を /愛知

「下津醬油」の下津浩嗣社長=津市一身田町で2020年12月7日、谷口豪撮影

 津市一身田町にある「下津(しもづ)醤油(しょうゆ)」は1856(安政3)年に、いわゆる「町のしょうゆ屋さん」として創業した。現在、東海地方を中心に幅広く親しまれ、全国の品評会でも高く評価されている。新型コロナウイルスの感染拡大による経営への打撃も懸念されるが、下津浩嗣社長(43)は「間違いない商品を作り続けることが、必要なこと」と決意を口にする。

 下津家の12代目が株式会社として同社を設立したのは1918年。地域に根ざした老舗として、津市内で広く親しまれてきた。しかし、現在の家庭用商品の売り上げはわずか2割程度。取引先の多くはスーパー向けに総菜などをつくる食品加工会社で、しょうゆのほか調味タレなども卸している。

この記事は有料記事です。

残り779文字(全文1089文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 重症者最多934人

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  4. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  5. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです