連載

歯と口の健康アラカルト

毎日新聞デジタルの「歯と口の健康アラカルト」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

歯と口の健康アラカルト

知覚過敏って聞いたことある? /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 むし歯でもないのに冷たいものがしみる、歯ブラシが当たると鋭い痛みが走る。このような経験をされたことはないでしょうか。これらの症状が知覚過敏と言われるものです。

 知覚過敏の痛みは、歯の表面のエナメル質が薄くなることで歯の中にある神経と歯の表面との距離が近くなり、冷たいものや歯ブラシなどの刺激が伝わり神経が過敏に反応することで起こります。痛みは「キーン」とした鋭い痛みのことが多いですが、一時的で数秒から長くても1分程度で治まると言われています。

 原因は、加齢や過度なブラッシングによる歯茎の退縮、歯周病、歯ぎしり、食いしばり、かみ合わせた時の歯へかかる強い力、酸性の飲食物により歯の表面のエナメル質が溶かされるなどが考えられます。

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文865文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集