訃報

玉井史太郎さん 83歳=火野葦平の三男 /福岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
火野葦平の命日を前にした2019年1月20日、若松区の高塔山で開かれた「葦平忌」であいさつする玉井史太郎さん
火野葦平の命日を前にした2019年1月20日、若松区の高塔山で開かれた「葦平忌」であいさつする玉井史太郎さん

葦平を知る最後の肉親 河伯洞で語り部22年

 芥川賞作家・火野葦平の三男、玉井史太郎さんが5日、83歳で亡くなった。若松区の葦平旧居「河伯洞(かはくどう)」管理人として、晩年の22年間を葦平文学の継承にささげた。生前の葦平を知る最後の肉親だった。

 玉井さんは河伯洞が公開された1999年1月、管理人に就任。葦平の足跡を来場者に語り続けた。故花田俊典・九州大大学院教授や坂口博・創言社編集長(いずれも当時)らと「葦平と河伯洞の会」を作り、2000年から研究史「あしへい」を年1号ずつ22号にわたり発行。未刊行の葦平作品や日記、書簡を掘り起こし葦平文学の再検証に努めた。

 葦平は7人の子をもうけたが、玉井さんは最後の存命者。思春期には「葦平の息子」として周囲から特別視されることに反発、葦平の勧めで入学した早稲田高等学院を退学した。<(以後)蕩児(とうじ)としての自堕落な生活を送るようになった。それは1960年の父の自殺まで、改められなかった。(管理人就任は)さんざんに不孝を重ねてきた若い日の償い>と、99年度の北九州市自分史文学賞大賞受賞作『河伯洞余滴』で告白して…

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文946文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集