メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

キリスト教社会ではきょう6日は…

[PR]

 キリスト教社会ではきょう6日は、イエスの生誕を賢者が祝った「公現祭(こうげんさい)」である。この日でクリスマス祝祭は終わり、飾り付けを外したりもする▲東京都中野区で洋菓子工房「きらら」を営む小松一恵さん(52)は、年明けのこの時期を楽しみにしている。クリスマスにケーキを注文した人から、「子どもが初のケーキを楽しみました」といった声が届くのだ▲ここのケーキは卵、牛乳、小麦粉を一切使っていないため、食物アレルギーに悩む子でも食べられることが多い。小松さんの長男(25)もかつて、卵にアレルギーがあった。「子どもがケーキに悲しい記憶を刻むのは可哀そうです」と小松さんは言う▲台湾に生まれた彼女は日本人と結婚し1992年に来日。パティシエの同僚と2人でケーキ店を営んでいた10年ほど前、何人かの客から、「アレルギーの子にも安全なケーキができませんか」と相談を受けた▲台湾の菓子には卵、牛乳などを使わず、米粉やココナツミルクで作るものが少なくない。それを洋菓子風にすれば、アレルギーに対応しながらも、おいしいケーキが作れるはずと挑戦してきた。今では全国から注文がある▲東京都健康安全研究センターの調査では、3歳までに食物アレルギーと診断された子の割合は99年の7・1%から2019年には14・3%と倍増した。「きらら」には最近もこんな感想が届いた。「家族でケーキを囲むことができました」。台湾の「知恵」が日本の洋菓子に明るい思い出を刻んでいる。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  2. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  3. 「その気になればできる」 国産長射程ミサイルに込められた「隠れた狙い」とは

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです