メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

2021年にのぞんで ぶつかり合って生きる インタビュー 作家・多和田葉子

=吉田航太撮影

 生命から生命へと移りすみ、変異を繰り返す新型コロナウイルス。ベルリン在住で、ドイツ語と日本語の両方で創作を続けてきた作家、多和田葉子さん(60)は「人間も国境を超え、変わり続ける力を持たなければ」と語る。【聞き手・小国綾子】

議論と友情は両立 視点回転させ思考

――コロナ禍のドイツに暮らしていて、日本と違うと感じたことは何ですか。

 議論のありようが違いました。新型コロナウイルスをどう感じるかには大きな個人差があります。「ただの風邪」だと言い切る人もいれば、これはまだ序の口で、環境破壊の結果として、これからウイルスの時代が始まると言う人まで。ドイツではこういう時、いつもわいわいと議論します。「怖がり過ぎだ」「いや、慎重であるべきだ」などと友人同士がまるで口げんか。でも、それが普通のコミュニケーションなのです。

この記事は有料記事です。

残り3544文字(全文3901文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 「その気になればできる」 国産長射程ミサイルに込められた「隠れた狙い」とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです