メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ビジネスサロン

三菱商事 垣内威彦社長

脱炭素へ水素中軸に

 世界的に温室効果ガス削減の機運が高まる中、天然ガス事業の収益が大きい三菱商事も脱炭素の取り組みを強化している。今後の事業の方向性について「最終目標は水素だ」と意気込む。

 同社は世界各地で液化天然ガス(LNG)の生産や売買、輸送代行を展開。火力発電や都市ガスの燃料に使われてきたが、化石燃料のため二酸化炭素(CO2)が排出される。一方、水素は燃焼時にCO2を出さない「究極のクリーンエネ…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文507文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 よく「試験地獄」などといわれるが…

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  4. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  5. 社説 NHKの経営計画 視聴者本位の改革なのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです