東京海上、コロナ関連費に保険 消毒やホテル滞在

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京海上日動火災保険は今月にも、新型コロナウイルスに感染した場合にかかる費用について、個人向け保険の付帯サービスを新たに始める。自宅の消毒費用や同居する家族を隔離するためのホテル滞在費などが新たに対象となる。これまでは加入者本人の入院や通院費などに限定していたが、本人以外に関わる費用も負担が重くなっている実態を考慮した。

 親会社の東京海上ホールディングス(HD)の小宮暁社長が毎日新聞のインタビューで明らかにした。同社によると、こうしたサービスは業界でも珍しいという。小宮社長は「感染拡大が長期化し、将来の不安に備えた保険へのニーズは高まっている」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り151文字(全文432文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集