特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第79期名人戦A級順位戦 広瀬章人八段-稲葉陽八段 第25局の5

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

形勢判断「ほぼ互角」

 先手陣はミレニアム囲いだけでも堅いと感じるが、3四の角までもが守りに利いているので鉄板のような堅さである。図から[後]5二金寄は[先]2三香成とされて、以下、攻め合いは玉の堅さと遠さでまさる先手が勝つ。

 稲葉は[後]3二金打と金を投資して受けざるを得なかったが、「金を手放させて分かりやすくなったかなと思いました」が広瀬の感想だ。

 この原稿を書くにあたり、将棋ソフトに本局を解析させてみると、確かに先手優勢で推移してはいるのだが、意外にも形勢はさほど離れていないという評価だった。途中図ではなんとほぼ形勢互角の評価値が出たほどである。途中図から将棋ソフトが推奨したのは[後]5二金寄![先]3二と[後]2三角[先]2二竜[後]7八角成[先]同銀[後]2二竜[先]同と引[後]3九飛[先]7九香[後]7四香という順。金を取らせて[後…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文611文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集