バレーボール 全日本高校選手権 大村工、初戦突破

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 バレーボールの第73回全日本高校選手権は5日、東京体育館で開幕して1回戦が行われ、男子は優勝経験のある大村工(長崎)が城東(徳島)を、崇徳(広島)が星城(愛知)をともに2―0で退けた。3大会ぶり出場の高松工芸(香川)も安田学園(東京)にストレート勝ちした。

 女子は大阪国際滝井が誠英(山口)に2―0で勝利。東京都市大塩尻(長野)は八王子実践(東京)をフルセットの末に破った。準々決勝までは3セット制、準決勝と決勝は5セット制で争われる。

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文559文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集